電話受付の休止にともなうお問い合わせ

お電話によるお問い合わせ ※現在受付を休止しております

このフォームはお電話によるお問合せの休止期間中、掲載いたします。

お問合せフォーム(担当におつなぎします)

 ネットからの各種お問い合わせは下記フォームよりお願いいたします。

お問い合わせいただきました内容は、当社の掲げる個人情報保護方針に沿って管理し、お客様の同意なく第三者に開示・提供することはございません。
詳細につきましては「プライバシーポリシー」をご参照ください。

お名前(必須)

ふりがな(必須)

メールアドレス(必須)

会社名(必須)

電話番号(必須)

お問い合わせの区分(必須)
株式会社システムズへのお問合せ

お問い合わせ内容(必須)

下記記載の個人情報の提供に同意をお願いします。
個人情報の取り扱いについて
(必須)
はい

確認画面は表示されません。上記内容にて送信されますがよろしいですか?(必須)
はい

DXデジタルトランスフォーメーション時代、ready to DXとしての2025年の崖対策。事始めとしての「レガシーシステムIT総合診断」

DXデジタルトランスフォーメーションのキーワードが活発化し、いよいよ2025年まで残すところわずかとなってきました。2025年の崖に陥ることのないよう、まず何から手を付けるべきかにおいて、現行システムの棚卸が重要になります。老朽化した基幹システムや部門システムを放置したままでは、オープン化やクラウド移行など、デジタルトランスフォーメーションの実現に大きな障壁となりかねません。
モダナイゼーション/マイグレーションで長年の経験を培ってきたシステムズの「レガシーシステムIT総合診断」は、いわば、情報システム版の人間ドック。企業の中心部にあたる基幹システムだけでなく、各部門や工場ローカルのいわゆる末梢部位にあるシステムまで、整理して可視化します。
問題が深刻化する前に、現状を可視化し、診断・分析することがシステムの健康につながります。
「準備的モダナイゼーション」として現行システムの診断をすることにより、システム化構想を支援します。
これは手法がマイグレーションに限らず、どのシステム刷新手法を採用する場合でも有用です。