セミナーお申し込みフォーム

    お名前(必須)

    ふりがな(必須)

    メールアドレス(必須)

    会社名/組織名(必須)

    電話番号(必須)

    セミナーお申し込み区分(必須)
    1/22 (ホームセンターグッデイ様登壇)システムズwebセミナー

    お申し込みの経緯

    お客様の立場に最も近いのはどちらでしょうか

    セミナーご参加の目的

    講師へのご質問など、その他ご自由にお書きください

    下記記載の個人情報の提供に同意をお願いします。
    個人情報の取り扱いについて
    (必須)
    はい

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信されますがよろしいですか?(必須)
    はい

    ■個人情報の取り扱いについて

    1. 事業者の氏名または名称
      株式会社システムズ
    2. 個人情報保護管理者
      株式会社システムズ
           情報セキュリティ管理委員会
                情報セキュリティ管理者
                TEL:03-3493-0033
    3. 個人情報の利用目的
      ・本セミナーに関する連絡および開催当日の受付で使用させていただきます。
      ・当社からのイベント・セミナーの開催情報などのご案内をさせていただきます。
    4. 個人情報の第三者への提供について
      取得した個人情報は、以下の場合を除いて第三者に提供することはありません。
      ・ご本人の同意をいただいている場合
      ・利用目的の達成に必要な範囲内において、個人情報の取扱いの全部又は一部をセミナー共催企業等に提供する場合
      ・法令に基づく提供の要請がなされた場合
      ・人の生命、身体又は財産の保護のために必要があり、ご本人の同意をいただくことが困難な場合
    5. 個人情報の取扱いの委託について
      取得した個人情報の全部または一部を委託することはありません。
    6. 開示対象個人情報の開示等およびお問合せ窓口について
      ご本人からのご要請により、当社が保有する開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・利用の停止・消去および第三者への提供の停止(「開示等」といいます)に対応させていただきます。なお、開示等に対応させていただく窓口は、当社の個人情報窓口が担当となります。
    7. 本人が同意することの任意性及び同意をいただけなかった場合について
      ご本人が同意をする、しないにつきましては任意となりますが、同意をいただけなかった場合は、本セミナーのお申し込みはいただけません。
    8. 本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得
      クッキー(Cookie)やウェブビーコン(Web beacon)等を用いるなど、ご本人が 容易に認識できない方法による個人情報の取得は行なっておりません。
    9. 個人情報保護方針
      当社ホームページの個人情報保護方針をご覧ください。
    10. 当社の個人情報の取扱いに関する苦情、ご相談等のお問合せ先
      株式会社システムズ 個人情報窓口
           TEL:03-3493-0033
           FAX:03-3493-2033
           メールアドレス: kojin_jyouhou@systems-inc.co.jp
           受付時間: 月~金曜日9時~17時45分(祝祭日、年末年始、夏季休暇は除く)

    ■本件に関するお問い合わせ先
    株式会社システムズ セミナー事務局
    住所:〒141-0031 東京都品川区西五反田7-24-5 ONEST西五反田ビル8F

    DXデジタルトランスフォーメーション時代、ready to DXとしての2025年の崖対策。事始めとしての「レガシーシステムIT総合診断」

    DXデジタルトランスフォーメーションのキーワードが活発化し、いよいよ2025年まで残すところわずかとなってきました。2025年の崖に陥ることのないよう、まず何から手を付けるべきかにおいて、現行システムの棚卸が重要になります。老朽化した基幹システムや部門システムを放置したままでは、オープン化やクラウド移行など、デジタルトランスフォーメーションの実現に大きな障壁となりかねません。
    モダナイゼーション/マイグレーションで長年の経験を培ってきたシステムズの「レガシーシステムIT総合診断」は、いわば、情報システム版の人間ドック。企業の中心部にあたる基幹システムだけでなく、各部門や工場ローカルのいわゆる末梢部位にあるシステムまで、整理して可視化します。
    問題が深刻化する前に、現状を可視化し、診断・分析することがシステムの健康につながります。
    「準備的モダナイゼーション」として現行システムの診断をすることにより、システム化構想を支援します。
    これは手法がマイグレーションに限らず、どのシステム刷新手法を採用する場合でも有用です。