脱Oracle!データベースマイグレーション

Oracle、SQL Server などの商用DBからの脱却なら! 
システムズの「脱Oracle!データベースマイグレーション」

システムズのデータベースマイグレーションは、単なる「データベースだけの移行」ではありません。

一般的なデータベースのマイグレーション(移行)は、OracleからPostgresSQL、といったデータベース本体のバージョンアップや、他社製品への移行を指します。この場合、データそのもの(TABLE)やそれに付随するVIEWなどは移行できますが、データベースを利用している業務アプリケーションは、DBアクセス方法などが異なり、そのままでは動きません。

BIツール、パッケージ等は、「接続先DB」をOracleからPostgresSQLに設定切り替えを行うことで対応が可能な場合が多いです。移行先のデータベースの開発元も各種の「移行ツール」をユーザ向けに提供しています。ところが、業務要件に応じてスクラッチ開発された業務アプリケーションプログラム(いわゆるカスタムメイドで作成された業務アプリケーション)は、この移行ツールだけでは不十分なことが多く、ソースコードレベルでの修正対応が必要になります。

システムズの「脱Oracle!データベースマイグレーション」は、このアプリケーション部分の移行も可能です。VBマイグレーションを始めとした長年のマイグレーション経験から、アプリケーションをソースコードレベルでPostgresSQL互換になるように「リライト」し、再コンパイル・リビルドすることで、業務アプリケーションそのものを再構築することなく、実現します。

システムズのDBマイグレーションの概念図

データベース本体の移行に合わせて、業務で作りこんだアプリケーションプログラムの対応も同時に実施します

アプリケーションプログラムへの「マイグレーション」適用

アプリケーションプログラムへの改修箇所の例

・データベース接続処理
・SQLステートメント
・オブジェクトの型定義の調整(暗黙の型変換などの対応)

当社独自ツール、および該当箇所の手作業により実現します。
※手作業個所はマイグレーションを長年経験したシステムズならではの
 エンジニアリング型マイグレーション手法によりパターン分析と横展開管理を徹底。
 「もぐらたたき」にならない改修対応を行います。

システムズのDBマイグレーションの作業フロー(マイグレーション作業手順を適用)

各種ソリューションのお問い合わせはこちらへ03-3493-0032(セールス)受付時間 9:00 - 17:30 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせフォーム お気軽にお問い合わせください

脱オラクル!「商用データベースをAWSへ移行しよう」AWS移行におけるDBマイグレーションのポイント

企業情報システムの中核を担う「データベース」の運用性・可用性・拡張性の向上、Oracle DBなどの商用データベースのライセンス費用の高騰やデータ量の増大などに伴い、インフラ環境およびデータベースの「Amazon Web Service」(以下AWS)への移行は最も有効な選択肢とされ、注目を集めています。システムズでは豊富なマイグレーション経験をもとに、OracleやSQLサーバといった商用DBに依存する業務アプリケーションをリライト型マイグレーションによってAmazon Auroraに移行します。