【9/21(火)】 VB6.0アプリレガシー、まだ使い続けますか?次のWindowsレガシー サポート終了までに進めたい3つのステップ

こんな方におすすめです

・VBレガシー問題に課題をお持ちで、VB6.0で構築されたVBアプリ資産をVB.NET等への移行を検討している
・DX推進に伴うレガシー脱却に向け、これから検討すべきDX時代のレガシーVBアプリ対策を知りたい
・次期Windowsのレガシーサポート終了による、VBアプリ資産継続利用のリスクと問題点、解決方法を知りたい

2021年9月21日(火)14:30〜15:30予定(14:15〜接続開始)

参加は無料です。お気軽にお申し込みください。

今後検討すべきDX時代のレガシーVBアプリ対策を、事例も交えてご紹介

 昨年、2020年1月のWindows7、Windows2008サポート終了の動向の元、VB(Visual Basic)アプリの移行や刷新が進みました。しかし、いまだにVB6.0アプリを現役で使用している企業様からの、その延命や再構築についてのお問合せは途絶えません。加えて、テレワーク推進を受け、レガシー化が進むVBアプリシステムの今後についても、クラウド化を前提とした最適化へのご相談も増えています。さらに、「Windows11」の提供開始に伴いWindows10のサポート終了時期が、2025年10月に決ったことから、次のWindowsレガシーOS サポート終了問題の発生も危惧されます。
 今後もVB6.0アプリを使い続けるリスクは、益々増大し延命の道は狭まることでしょう。VB6.0アプリレガシーで開発された業務システムを継続して利用することは様々なリスクを伴うため、2025年までの4年の間に、対策の準備を進めておくことが重要となります。

 今回のVBマイグレーションセミナーでは、昨年のWindows7サポート終了から1年以上経過する中で、使われ続けるVBアプリレガシーの今後について、DX推進に伴うレガシー脱却等の環境の変化も織り込み、これから検討すべきDX時代のレガシーVBアプリ対策を3つのステップとして事例も交えて紹介します。


<セッション内容のご紹介>

◆セッション:VB6.0アプリレガシー、まだ使い続けますか?次のWindowsレガシー サポート終了までに進めたい3つのステップ
~既存VBアプリレガシーシステムの診断・分析から次期計画策定、開発・移行・延命の実施まで~

【登壇予定講師】 

システムズ ビジネスプロモーション部 部長
VBマイグレーション エバンジェリスト
板倉利幸

  

開催概要

日 時 2021年9月21日(火)14:30〜15:30(14:15〜接続受付開始)

zoom ウェビナーにて配信します。
 ※接続URLは、お申し込みの方に当日までにご案内いたします。
主 催株式会社システムズ
募 集20名 ※お申込み順に受付いたします。
費 用参加無料/事前登録制
締 切 2021年 9月21日(火) 11:00

下記からお申込みください

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

DXデジタルトランスフォーメーション時代、ready to DXとしての2025年の崖対策。事始めとしての「レガシーシステムIT総合診断」

DXデジタルトランスフォーメーションのキーワードが活発化し、いよいよ2025年まで残すところわずかとなってきました。2025年の崖に陥ることのないよう、まず何から手を付けるべきかにおいて、現行システムの棚卸が重要になります。老朽化した基幹システムや部門システムを放置したままでは、オープン化やクラウド移行など、デジタルトランスフォーメーションの実現に大きな障壁となりかねません。
モダナイゼーション/マイグレーションで長年の経験を培ってきたシステムズの「レガシーシステムIT総合診断」は、いわば、情報システム版の人間ドック。企業の中心部にあたる基幹システムだけでなく、各部門や工場ローカルのいわゆる末梢部位にあるシステムまで、整理して可視化します。
問題が深刻化する前に、現状を可視化し、診断・分析することがシステムの健康につながります。
「準備的モダナイゼーション」として現行システムの診断をすることにより、システム化構想を支援します。
これは手法がマイグレーションに限らず、どのシステム刷新手法を採用する場合でも有用です。