【セミナー】予告!4/19『2025年の崖』対策セミナー開催!

4/19に、マジセミ社の協力にてデジタルトランスフォーメーションテーマのセミナーを開催いたします。

●デジタルトランスフォーメーション推進上のIT課題と対応の選択肢

DXの推進に不可欠な新たなICTの導入を阻害する既存システムの問題にどう対処していくべきか。本セミナーでは、DXを実現していく上でDXレポートが指摘するレガシーシステムの現状とIT課題や、どんな対応策があるのかといった推進上のポイントについて明らかにします。

先端技術(AI、IoT、ビッグデータなど)を活用してDXを実現し、生き残りを図ろうとする企業が増えています。また、多くの企業では依然として、簡単に入れ替えられない旧式のシステムのレガシー化が進んでいます。システムは複雑化、ブラックボックス化する一方であり、DXを遂行する上での阻害要因として「DXレポート」では指摘されています。

その、経済産業省が平成30年9月に発表した「DXレポート」で述べている“ITシステム「2025年の崖」の克服”をテーマにした今回のセミナー。レガシー化した既存システムのブラックボックス状態解消に向け、何から着手すべきか、必要な技術は何か、ICTの基盤刷新にはどのような要件が求められるか、など マイグレーションプロバイダであるシステムズが厳選したパートナー企業と共に、最新の取り組み事例や刷新ソリューションを紹介いたします。

場所はシステムズ 本社(東京・五反田) セミナールームにて

●個別相談会

セミナー終了後、担当SEが個別ご相談を承ります。

DXデジタルトランスフォーメーション時代、2025年の崖 事前対策。準備としての「レガシーシステムIT総合診断」

DXデジタルトランスフォーメーションのキーワードが活発化してきています。2025年の崖に陥ることのないよう、まず何から手を付けるべきかにおいて、現行システムの棚卸が重要になります。老朽化した基幹システムや部門システムを放置したままでは、オープン化やクラウド移行など、デジタルトランスフォーメーションの実現に大きな障壁となりかねません。
モダナイゼーション/マイグレーションで長年の経験を培ってきたシステムズの「レガシーシステムIT総合診断」は、いわば、情報システム版の人間ドック。企業の中心部にあたる基幹システムだけでなく、各部門や工場ローカルのいわゆる末梢部位にあるシステムまで、整理して可視化します。
問題が深刻化する前に、現状を可視化し、診断・分析することがシステムの健康につながります。
「準備的モダナイゼーション」として現行システムの診断をすることにより、システム化構想を支援します。
これは手法がマイグレーションに限らず、どのシステム刷新手法を採用する場合でも有用です。