終了【セミナー】3/15(金)『2025年の崖』対策 デジタルトランスフォーメーション推進上のIT課題と対応の選択肢

前回に引き続き、デジタルトランスフォーメーションをテーマにしたセミナーを開催いたします。

●デジタルトランスフォーメーション推進上のIT課題と対応の選択肢

DXの推進に不可欠な新たなICTの導入を阻害する既存システムの問題にどう対処していくべきか。本セミナーでは、DXを実現していく上でDXレポートが指摘するレガシーシステムの現状とIT課題や、どんな対応策があるのかといった推進上のポイントについて明らかにします。

先端技術(AI、IoT、ビッグデータなど)を活用してDXを実現し、生き残りを図ろうとする企業が増えています。また、多くの企業では依然として、簡単に入れ替えられない旧式のシステムのレガシー化が進んでいます。システムは複雑化、ブラックボックス化する一方であり、DXを遂行する上での阻害要因として「DXレポート」では指摘されています。

その、経済産業省が平成30年9月に発表した「DXレポート」で述べている“ITシステム「2025年の崖」の克服”をテーマにした今回のセミナー。レガシー化した既存システムのブラックボックス状態解消に向け、何から着手すべきか、必要な技術は何か、ICTの基盤刷新にはどのような要件が求められるか、など マイグレーションプロバイダであるシステムズが厳選したパートナー企業と共に、最新の取り組み事例や刷新ソリューションを紹介いたします。

場所はシステムズ 本社(東京・五反田) セミナールームにて

本セミナーは終了しました

セミナープログラム

14:00受付開始
14:30オープニング(ご挨拶/当日のアジェンダ紹介)
14:40
|
15:15

< session1 > DX概要編
レガシーシステムのモダナイゼーションを実践してきたシステムズが読み解くDXレポート

DXレポートが述べる「2025年の崖」まであと6年。これを“まだ6年ある”と考えると手遅れになりかねません。DXを推進するうえでは基幹系システムの刷新も必要不可欠な取り組みの1つと言われています。本セッションでは、20年超にわたりレガシーシステムのモダナイゼーションに取り組んできた経験による、なぜレガシーシステムがDXの阻害要因になるのか?どこから取り組めばよいのか?をお伝えします。

セミナー講師:大島 理史

  • システムズが読み解く経済産業省「DXレポート」のポイント
  • DX推進の阻害要因 ~ レガシーシステムを使用し続けることのデメリット
  • 既存ITを活かすための現状分析 ~ なぜ現状分析をすべきなのか?

開発事業本部 ソリューション開発グループ
プロジェクトマネージャー 大島 理史

【休 憩】
15:30
|
16:00

< session2 > ICT活用編
DX推進に不可欠なICT現状分析 具体的な取り組み内容と活用方法とは
~ IT総合診断のススメ 可視化→診断→IT戦略 ~

「DXの足かせになっている既存システム!!」DXに目を向けたいものの、IT部門が抱えているIT資産は莫大なものになっており、この維持・管理作業に追われているのが現実です。ブラックボックス化が進む既存IT資産をどのように可視化し、DXに向けた検討につなげていくか、事例を交えて解説します。

セミナー講師:板倉 利幸

  • 企業ICT可視化の取組み事例(活用事例)
  • IT戦略を練るための可視化アプローチ
  • ICTの可視化からどう診断して戦略策定につなげるか?

開発事業本部 ソリューション開発グループ
プロジェクトマネージャー 板倉 利幸

16:00
|
16:30

< session3 > パートナー編
オフショアでアジャイルな開発体制と先進技術でDXに貢献
~ クラウド化、AI、ブロックチェーン、そして業務ノウハウ ~

セミナー講師:

既にオフショア開発では多くの案件でアジャイル開発が導入されています。
クラウド化、モバイル対応など、効率化・自動化の先進技術も積極的に活用しています。最新オフショア開発事例をDXに向けたアジャイル開発や新技術の活用及び課題を紹介します。

NAL GROUP co-founder
株式会社NAL JAPAN
CEO グエン・トアン・アン 氏

16:30閉会/モダナイゼーションに関する個別ご相談など

●個別相談会

セミナー終了後、担当SEが個別ご相談を承ります。

本セミナーは終了しました

VisualBasic資産をwindowsサーバとともに最新化

今も現役で活躍している多くのVBアプリケーション。
マイクロソフト社のVB6.0のサポートは既に終了し、WindowsOSのサポート期限も続々と到来しています。
マイクロソフト社が提供する標準アップグレードウィザードを用いてプログラム変換したものの、エラーの多さに驚かれ、現行システムを新規開発としてスクラッチで再構築するか、VB6.0のままで継続使用するか、それともVB.NETやASP.NETへモダナイゼーション(マイグレーション)するか、お悩みのお客様も多いのではないでしょうか?