【レポート】2025年の崖。日経XTECHスペシャルにてITモダナイゼーションサミットの記事が公開されました

株式会社システムズは、4/26(金)に、日経BP社の主催する「ITモダナイゼーションSummit2019 レガシーを活かすシナリオとは」に協賛出展いたしました。当日はDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進の前準備として「2025年の崖」に陥らないための工程(棚卸・調査・分析)が重要である、をテーマに、「IT総合診断」を用いた現行システム分析の具体的手法についての講演を行いました。

DX推進に向けた重要なカギを握るレガシー刷新にいかに取り組むか

当日のシステムズの講演内容をもとにした記事が、日経BP社のサイトにて公開されましたので、ご案内いたします。

DX推進に向けた重要なカギを握るレガシー刷新にいかに取り組むか

株式会社システムズでは、「レガシー刷新の取り組み」に向けて、2025年の崖に陥らないための対策としての「現状分析」と「対応策」に重点を置いた講演を行いました。

実際にデジタルトランスフォーメーションを実現する「前段階」、「まずはここから」としての現状分析の重要性を、長くレガシーシステムの刷新をモダナイゼーション(マイグレーション)を軸に、単なるコンバージョンだけでなく初期の資産分析から一貫して手掛けてきたシステムズならではの視点での講演でした。

おかげさまで事前申込は満員、登録締め切りという盛況でした。

詳細は、日経BP社の特設サイトをご覧ください。

DXデジタルトランスフォーメーション時代の2025年の崖対策。その準備段階としての「レガシーシステムIT総合診断」

老朽化した基幹システムや部門システムを放置したままでは、オープン化やクラウド移行などに大きな障壁となります。
システムズの「レガシーシステムIT総合診断」は、いわば、情報システム版の人間ドック。企業の中心部にあたる基幹システムだけでなく、各部門や工場ローカルのいわゆる末梢部位にあるシステムまで、整理して可視化します。
問題が深刻化する前に、現状を可視化し、診断・分析することがシステムの健康につながります。
「準備的モダナイゼーション」として不可欠な現行システムの診断でシステム化構想を支援します。